ウブで純な女子の口説き方。セフレにする方法

※これは読者さんからの体験談です。

僕の女性の口説き方
僕は、自分で言うのもなんですが、女性を口説くのが上手いです。
僕の狙う女の子は、決まっています。

どんな女の子かというと、うぶで純な女の子です。
静かな雰囲気の女の子は、すぐに口説けます。
そして、かなり高い確率で、その日に、エッチまで持って行けています。
また、口説く対象は、身近にいる女の子ということもあります。

自分の職場で、出逢った女の子が多いです。
定期的に新人が入るので、その女の子達が狙い目なのです。
僕は、新人の控えめの女の子を見つけたら、優しく接していきます。
そして、二人きりのシチュエーションを作り出しています。
それは、社内であったり、ランチデートであったりします。
社内でも、二人きりになるチャンスを作れますので、オフィスでエッチをしてしまうことも多くあります。
そっと、残業をしている女の子の肩に触れます。
手伝おうか?何かわからない事ある?と尋ねます。

そして、丁寧に教えます。
その後、少し、休んだ方がいいよ。と声をかけて、お菓子や飲み物を差し出します。
そして、彼女の肩を揉んであげます。
僕の手は、だんだん彼女の胸へ行きます。
うぶな純な女の子は、だいたいが顔を真っ赤にさせて、OKなのです。
そして、君のことが気になってしかたないんだ。
君をもっと知りたい。という言葉を言い放って、頬にキスをします。

女の子の身体は硬直しています。
そして、そのまま、僕の手は、彼女のスカートへ、そして、OKなことが多く、スカートの中へ伸ばしていきます。
こうなれば、社内で、オフィスエッチに発展します。
女の子の身体を触り放題です。
また、ランチデートに誘うケースもあります。
職場の近くに美味しいランチが食べれるお店あるんだ。
君のことをもっとよく知りたいし、一緒に食べに行こう。と誘います。
女の子は、僕についてきます。
そして、お勧めのランチを教えてあげます。
僕が誘うお店には条件があり、それは、基本的に静かな人気の少ない、店員の目が見えないお店を選びます。
そして、静かにお話をして、ムードを作り、女の子の肩にタッチをして、甘い言葉をささやき、キスします。
その日、仕事が終わった後に、今日のランチの続きをしようと誘い、エッチを楽しむのが僕の口説き方のパターンです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*