女性(彼女・セフレ)との飲食店デートで気をつけるべきこと・気配り・マナー

女性(彼女・セフレ関わらず)とのデートで男性が気をつける点ですが、まず男性同士で遊びにいく場合とは大きく違うことを意識しないといけないってことです。
例えば食事、デートというと途中で飲食店に入ると思うんですが、お店選びも重要、ということで今回は食事を取り上げようと思います。

男性って基本的にお店の外見や雰囲気よりも味と値段、コスパ重視のお店選びが根っこになるんですが、女性の場合、味は普通程度でOK、しかし居心地の良かったりお洒落な雰囲気であることのほうを重視する傾向が強いんです。

そして次は味の好みです。
体を動かしたり、汗をよくかく人って塩分が不足しがちなので、どうしても味付けの濃い料理や味の辛いものを好む傾向があります。
これは男性に多い特徴ですよね。
逆に女性はあまり体を動かさないので、辛いものをそれほど好みません。
一応辛いもの好きっていう女性もいますが、女性は辛いものは苦手な場合が結構多いんです。
もちろん他の料理に関しても男性とは違った傾向のものを好むので、そういうのを考慮したお店選びが重要となります。

次はお店選びの最終段階、大事なのはスムーズな入店です。
どういうことかというと、歩いてると急に行きたい店が出てきた!しかも空いてる!とかならいいですが、実際はどこにいこうか?なんて会話が出ると思います。
お店が決まったら重要なのが、予約等の店内の状況確認です。
お店まで行ったらウェイティングで30分以上かかってしまいますなんてなると、ダルイですよね?
男性同士なら笑ってすみますし、他いこう!って感じで特に問題はないんですが、女性と一緒だとこうは思ってくれません。
こうなることもわからないなんて、なんて頼りない男性なの?と思われることは確実です。盛り下がることは間違いないわけです。
これを回避するために、店が決まったら即電話し予約できるかどうかの確認は大事ってことです。
ベストは、事前にデートコースを考えておいて、この場所で遊んでるなら、このお店が行きやすいなって感じであらかじめ予約を入れておくことです。もちろん上記に記してるお店の雰囲気や味も考慮したお店選びをした上での話です。
食事時に急に電話で予約お願いできますか?なんてお店に電話しても断られるのが大半だったりしますが、事前の予約なら大体いけますし、無理なら予約できるお店を探せばいいだけです。
こういう準備の良さでも女性は男性を見定めてくるのできをつけないといけません。

次は食事中の気配りです。
まず女性と男性では食べるスピードが圧倒的に違います。
同じ量を注文し、同時に提供された場合、意識せずに食べるとおそらく女性が半分も食べてしまうわないうちに男性なら完食してしまってるでしょう。
女性からしても、相手の男性を待たせてるって思うと気を使って無理に急いで食べることになったりして、食事しずらいと思います。こうならないように男性はできるだけ女性の食べるペースを見ながら食べることが大事です。

そしてオーダー時や追加注文の際のスタッフへの声けかは基本的に男性がすべてするようにすることです。
オーダー前に何を注文するか二人で話をしておいて、スタッフに口頭で伝えるのはすべて男性の役目と割り切りましょう。飲み物が空になった時とかもそうです。
女性はただ座って料理を食べるだけでいいようにしてあげるのが大事で、他の雑用はすべて男性が受け持つ、こんな感じが理想です。
男性同士の場合はこういうのは気にする必要はありませんが、女性と行くときはきをつけましょう。

会計は人それぞれの価値観もありますし、収入の格差もあるので、基本的にはおまかせします。
最低限気をつけるのは自分の食事量と相手の食事量はきちんと考慮した上での会計をしておいてください。
男性と女性なら、量でいえば男性のほうが1,5倍ぐらい食べますよね。注文する料理の値段によっても違ってきますが、そういうのも考慮して会計はするようにしましょう。

食事一つでも男性同士と女性とのデートだとかなり気配りに違いがあるので、気をつけて食事をしてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*