2015年 10月 の投稿一覧

仕事のことで悩みを相談した時された時、恋愛に発展

出会いと言うと、職場での出会いと言うことを誰でも体験していると感じます。
それは、毎日仕事をする中で、ふとした時に、そのことを意識することがあるからです。
そのため、そのような出会いについて、どんな感じであるのか、まとめてみました。

・仕事をしていて隣にいる人との出会い
仕事をしていて、隣にいる人が、素敵な人だったら、やっぱり恋愛に発展することが多いのです。
それは、タイプの人だったり、その人のことをふとした時に、いいなと思った時、その時点から恋愛に発展することがあります。

・休憩を一緒にする仲間が異性だった時
休憩を一緒にする仲間の一人が異性だった時、その時も恋愛に発展することがあります。
それは、休憩中と言うのは、ある程度心も休憩をしているからです。
心もリラックス状態となっているので、その男性や女性のことを、異性として認識することがあるのです。

・仕事のことで悩みを相談した時
仕事のことで悩んでいて、その時に相談する相手がいるとしたら、まず恋愛に発展することが多くなります。
それは、その相手の人を信頼していると言うところがあるからです。
男女の中で信頼と言うことは、恋愛に発展することもあるのです。
この人は、こんなにいい人なんだと、相談をした後に、ふと思うのです。
その時に、好きかもと思うことがあります。
そしてその悩んでいたことが解決した時、告白をしたいと思うこともあるのです。

・悩みを相談された時
悩みを相談する人と同じように、悩みを相談される人も、恋に発展することがあります。
もしもその相談をしてきた人が、女性がった時、その女性のことを守ってあげたい、なんとかしてあげたいという、気持ちが起こるのです。
その後に恋愛の気持ちに発展することがあります。

・叱られた時
叱られた時も、おかしなことですが、恋愛に発展することがあります。
その叱られると言うのは、上司だったり、同僚だったリします。
叱ると言うのは、叱られるほうは、異性に対して、そんな複雑な気持ちを抱くことがあるのです。

落ちついて話せる雰囲気のある男性はモテる

28歳男性からの投稿。

私は男性ですが女性と話す機会が多くその中から付き合うことも出来ました。まず恋愛を成功させるうえで一番大事なことは相手の警戒心を解くということです。女性というのは真っ向から告白や行為をむき出しにしたまま近づいては大抵の場合避けられてしまいます。だから、そのような強引な千歩はまず頭の中から消し去ってください。そもそも離せなければ発展もくそもないと思います。ですので、まずは女性の警戒心を解く所からです。警戒心を解く得といって勘違いしてはいけないのが女性を守れる存在になるかのように、一生懸命に安心感を与えるのとは全く別の事です。私がこれまで話してきた女性はたいていの場合見た目ばかりを見ていません。その人が落ち着いて話せる中身の人かという中身を見ています。簡単にいうと、もてない人は外見で攻めにもかかるが中身で失敗することがある。モテる人は相手に安ど感を与えて、一緒にもっと話したいと思わせるのが得意だということです。その安心させるコツはとにかく相手の話を聞いてあげるだけです。たとえ、それがしょうもないことであろうと途中で口を挟まず、聞いてあげることが重要になります。それさえすれば、自らアピールして中身も最悪と女性に警戒心を上げられるよりもよほど近づきやすいです。だから、警戒心を解いて仲良くなるために、そういったことをまず最初に意識していきましょう。そのときの注意点なのですが、女性というのは共感を多く求めるものです。会話の中でもそういった場面もきっと多いはずです。信頼関係というものを築き上げる為にはそのような共感することが大事なのです。たとえ興味が無いことでも自分も興味をこれから持って相手との話題につなげていけばいいのです。そうして、相手にとって趣味が合う大切な人という関係で凄く近い存在になります。恋愛に発展するにはそこから更に大事なのは引き際も大事ということです。話せるからといって調子乗って毎日近づいたりとかではなく程ほどでいいのです。そうして距離を縮めましょう。

女性が教える!女性の口説く上での2つの注意点

女性目線で「男性が女性を口説く上での注意点」を2つ教えます。

まず1つ。
ネットの書き込みなどで「頭ポンポンをすれば女は落ちる」というようなものをよく見かけますが、これは注意が必要です。
女性は、好きな男性やタイプの男性に頭ポンポンされるのは嬉しいですが、それ以外の男性にされてもただ気持ち悪いだけです。
これでは口説くどころかウザがられて終了になる恐れがあります。
また、頭ポンポン自体が嫌いな女性も当然います。
年下の男の子をリードしてあげたい大人のお姉さまなどに頭ポンポンしても効果なしです。
以上を踏まえ、頭ポンポンをするのであれば「相手がおそらく自分を好きであること」「頭ポンポンされたら喜びそうなキャラであること」の2点をクリアした時のみするようにしましょう。

次に2つ目。
それは「相手に愛を持って接する」ということです。
当たり前だと思うかもしれませんが、これが出来ていない男性が意外と多いのです。
よくありがちなのが「相手の女性がMっぽいからいじめる」というもの。
いじられると喜ぶ女性は確かにいますが「愛のあるいじり」と「ただバカにしたり侮辱したりひどいことを言う」というのでは全く違います。
Mの女性に対して後者のようなひどい扱いをする男性が少なからずいます。
これでは相手の女性は喜ぶどころか、悲しんだり怒ったり傷ついたりしてあなたのことを大嫌いになってしまいます。
例えば、少しぽっちゃり気味の女性がおいしそうにモリモリごはんを食べていた時、愛のあるいじりは「おいしそうに食べ過ぎだろ!なんだよその笑顔!微笑ましすぎるわ!」といった具合で、ダメな例が「おまえモリモリ食べ過ぎだろ!どんだけ太る気だよ!そりゃあその体型になるわ」といった具合です。
両方とも、ごはんをモリモリ食べてることをいじっているように見えて、前者は「愛のあるいじり」で後者は「ただ傷つけているだけ」です。
ここを勘違いしないようにしてください。

口説く上での注意点を2つご紹介いたしました。
狙っている女性がいる時はご参考に!