未分類

女性も本音ではセフレが欲しい?女性がセフレをゲットする場所はバー・相席屋、出会い系アプリなどの方法も

女性も本音ではセフレが欲しい?

セフレを欲しがるのは男性だけだと思われがちですが、実は女性もセフレを求めています。

もちろん、「私セフレがほしいんです!セフレ募集中です!」などと直接言ってくれるわけではありません。

普通に会話の中でセフレ探しを公言する女性もゼロではないですが、極めてレアケースですね。そういう女性は地雷率が高いです(笑)

女性もセックスしたい!性欲を抱えている

男性と同じように、女性にも性欲があり、セックスしたい瞬間が訪れるものです。

なのですが、女性には体裁がありますから、それをおおっぴらに口に出すことはできません。「あぁ〜、ヤリテー!!!」などと叫んでる女性を見たことないですよね?

女性はセックスしたい気持ちを悶々と一人で抱え込んでいるというケースが多いのです。そしてそれは爆発しそうになります。

セフレが欲しい女性はバーや相席屋に行く

性欲が爆発しそうになった女性は、バーや相席屋に向かいます。「性欲」と表現しましたが、セフレが欲しいというよりは、セフレも含めて男が欲しいという状態です。彼氏がみつかるのがベターでしょうが、まあ別にセフレでも最悪いいかなという妥協ですね。

実際には、セフレにもならず、後腐れのないワンナイトラブということも多々あります。一夜限りのセックスは、女性としてもスッキリ性欲だけ解消できるので、いろいろと都合が良いのですね。

バーや相席屋でセフレをみつけるにはコミュニケーション能力の高さが必要

バーや相席屋で彼氏やセフレをみつけることができる女性は、コミュニケーション能力が高いことが多いですね。もしくはルックスに秀でているか。

相席屋など出会いの場ではありますが、明確に彼氏彼女探し、セフレ探しの場であるわけではありません。そこまで明確にしてしまうと必死感が出て、魅力が失われてしまいますからね。ふんわりとした感じが良いのです。

そういったシチュエーションで異性と仲良くなるには、それなりのコミュニケーション能力が求められるのです。簡単に言えば、職場やバイト先で男がいれば仲良くなれるようなコミュニケーション能力ですね。

つまり、相席屋やバーでセフレを作れる女性というのは、社交性があってそれなりにモテるんだけど、ただ出会いがなかったばかりにご無沙汰だった女性ということになります。

コミュニケーション能力の高くない女性は出会い系アプリでセフレをゲット

ではコミュニケーション能力の高くない女性は、どこでセフレをゲットするのでしょうか?

ずばり、出会い系サイトやアプリです。

ネットを通じた出会いなら、対面のコミュニケーションが下手でも、文字メッセージで会話ができますから、緊張することなく気軽にコミュニケーションを楽しめます。リアルでのコミュニケーション能力が低い女性は、とにかく緊張しがちで、言われたことに対してパッと気の利いたことを返答するのが苦手です。

でもネットでのコミュニケーションなら、相手と直接顔を合わさなくて済みますから、緊張せずにゆっくり内容を考えることができますよね。

リアルのコミュニケーションが苦手な女性も、出会い系なら男性と仲良くなれて、彼氏やセフレを作りまくることができる時代になっています。

私が口説かれて嫌だった男性は、最初から愛人や火遊びのつもりで口説いてくる男性

私が口説かれて嫌だった男性は、最初から愛人や火遊びのつもりで口説いてくる男性です。

真面目な恋愛を求めている私としてはそんな男性に口説かれても嬉しくありません。

友達に話をしたら「嘘つかれて、本命の彼女がいるとかじゃないからまだいいじゃん。」と言われましたが、私としてはどうしても許せません。

その男性とは仕事の関係で知り合いました。

取引先の会社だったので会社が合同で飲み会を開くことになったのです。

飲み会のときは男性がそんな人だとは知らずに当たり障りのない話をしていました。

会がお開きになり二次会に行くことになりました。

二次会になると人数が一気に半分以下になりましたが、私参加することになりました。

カラオケに行ったのですが、そこで二つの部屋に分かれたのです。

最初は楽しくカラオケをしていたのですが、私はトイレに行きたくなり席を立ちました。

トイレから出るとトイレの前にその男性が立っていたのです。

私は挨拶をして通り過ぎようとしたら男性の方から声をかけられました。

そして「よかったら連絡先を交換しませんか?」と言われたのです。

私としてはそれまではそんなに嫌な感じはしていなかったので連絡先を交換しました。

その日は連絡先を交換するだけで終わりましたが、後日食事に誘われました。

いきなり二人きりというのに少し抵抗がありましたが行くことにしました。

男性と待ち合わせをして男性が予約をしてくれていたレストランに入り楽しく食事をしていました。

それからバーへ移動してお酒を飲んでいると男性の方から「ねぇ、彼氏とかいるの?」と聞かれました。

私はその時に彼氏はいなかったので「彼氏がいたら男性と二人っきりで食事なんてしませんよ。」と答えました。

すると男性の方から「俺は彼女いるんだけど、付き合わない?」と言い出したのです。

私はそのことを言われて一瞬変な顔をしたのだと思います。

そこからは男性の言い訳が始まりました。

「彼女とは付き合いが長いけど、別れてようと思っている。」とか「彼女とは結婚するつもりがなくてね。私さんとは結婚を前提として付き合いたいんだ。」などと言い出したのです。

そんなことは私の知ったことではありません。

私は「彼女さんと別れてからそんな話はして下さいね。私は浮気をするような男性は大嫌いです。」と言い席を立ちました。

その後も男性から連絡がありましたが、それからは着拒をしていました。

もしかしたら彼女がいるというのは嘘かもしれないし、本当のことはわかりませんが彼女がいるのに口説いてくる男性は嫌です。

大学で同じ教室・授業を受けている女子大生に自然と話しかける方法!ずばり下敷きを借りよう!

大学で異性の学生にどうやって話しかけようかと悩む人も多いでしょう。

そこで、私が女子大生に話しかけたときのことを書きます。

私は友達と共に、夏休み前の授業を受けていました。

そんなある日、私は下敷きを忘れてしまい、同じ教室の誰かから借りることにしました。

このときに、普通の人なら同性の人から下敷きを借りたりすると思います。

しかし、私は違います。

女子大生に対して、下敷きを2枚持っていたりしないかと尋ねました。

このとき、私は少しふざけた感じで言いました。

女子大生はいきなりのことに、少し驚いていました。

そして、ここで登場するのが私の友達です。

私の友達は申し訳なさそうにその場に来て、二人の女子大生に謝ります。

そして、私がどういった人間なのかを女子大生に説明します。

このとき、私はその説明に対して、ちょくちょく否定する言葉を話します。

友達の説明が終わった後に、私はもう一度、下敷きを2枚持っていないかを尋ね、持っていれば貸してほしいと言います。

結局、その女子大生の一人が下敷きを貸してくれました。

ここまでの話で重要なこととしては、下敷きを借りるときなどにあえて異性の人を選ぶということです。

まず、一言、二言で会話が終わってしまわないような工夫をするということが大事だと思います。

一言、二言で会話が終わってしまえば、その後にかかわりを持つことがほとんどないです。

次に、自分のことを知ってもらうということが大切です。

普通に考えれば、知らない異性に下敷きを貸すでしょうか。

女子大生の場合、知らない異性には貸さないと思います。

最後に、楽しい感じで会話を進めるということが大切です。

友達の説明に対して、ちょくちょく言葉をはさむときは、怒っているように話すのではなく、笑いながら言葉をはさむことが大切です。

こちらが楽しい感じで会話をしていれば、相手の警戒心も少し解けます。

また、ちょくちょく言葉をはさむのには、会話全体を長くして女子大生といる時間を長くするという効果も期待しています。

ちなみに、今回の場合であれば、下敷きを返しに行くときに多少なりとも会話をするでしょう。

皆さんも、どうやって異性に話しかけようかと悩んでいましたら、してみてください。

セフレ女性を彼女っぽく真面目なデートに誘うときに気を付けたい時間帯

今日は気になるセフレ女性を
彼女っぽく真面目なデートに誘うときに気を付けたい時間帯について
お話ししたいと思います。

突然ですが、あなたに質問です。

あなたは女性とデートするときに
どの時間帯にデートしていますか。

爽やかなランチタイム?
夕暮れが綺麗な頃?
仕事終わりの居酒屋さん?

それぞれだと思いますが、
デートする時間帯を気を付けるだけで
デートの成功率がかなり違ってきます。

この時間帯を知っていれば、
女性がいとも簡単にあなたを信頼してくれますし、
次からのデートにもつながっていきます。

あなたから誘わなくても
女性からメールや電話が来る状態。

「○○さんのこと、好きかも。」
とさりげなく彼女から告白されるということも
無きにしも非ず。

最高ですね。

しかし、逆にこれを知らなければ、
せっかくあなたがデートをセッティングしたのに、
「なんか楽しくない!」
と彼女が先に帰ってしまいます。

そのまま音信不通になってしまったり。

「遊びなの?」
とあなたが真面目にも関わらず
彼女から疑いの目を向けられたり。

何かうまくいかない・・・
とそんなもやもやした毎日が続くことでしょう。

そうなってほしくないので、
これを知ってください!

デートに誘うときに気を付けたい時間帯とは、
「できるだけ夜を避ける」
ということです。

なぜ夜がダメなのかといいますと、
夜のデートにはたいていお酒がつきものです。

真剣に彼女を口説きたいと思っていても
お酒を飲んで真剣な言葉を言ったところで、
女性は喜びません。

遊びの恋愛なのかな?
そう思われてしまってもおかしくありません。

思いもよらない下ネタを言って
引かれてしまうこともあります。

彼女のことを知りたい、
自分の気持ちを伝えたいと思うなら、
昼間のランチやお茶、夕暮れ時などが
おすすめです。

爽やかデートは彼女に好印象を与えますし、
自分が大事にされていると感じさせることができます。

間がもたないというリスクもありますが
夜にデートして下手に関係を持って、
女性から非難されるよりはましです。

今すぐ、
あなたが彼女に送っているメールを見返してください!

夜に誘おうとしていませんか?
あなたの下心、
女性は気づいてますよ。

紳士で爽やかアピールをして、
好感度を上げ、
ぜひ気になっている彼女をゲットしましょう!

恋愛慣れ・女性慣れしてない男性が取ってしまいがちなNG行動とは

恋愛慣れしていない男性程、女性の前でNG行動をしてしまう事は多いです。せっかく良い相手に出会えても、そういった行動で自らチャンスを潰してしまうのはもったいないですね。
ではどういった行動がNGなのか?様々な媒体が行った女性へのアンケート結果などから、目立った回答をご紹介します。

■自慢話をする男性
これは問答無用でアウトなようです。男性からしてみれば、女性に気に入って欲しいがためにしている事なのでしょうが、完全な逆効果となります。
そもそも、人間は心理的に自己顕示欲が見える相手を嫌う傾向にあります。
それであれば、自己顕示欲を全く出さない事は好印象に繋がりやすいと理解し、自慢と取られるような言動は控えましょう。

■ケチな男性
これは決して高価な物を奢れという意味ではありません。例えばご飯や遊びに掛かるお金を細かく割り勘にする男性や、そもそも自分からご飯に誘っておいて奢らない男性などは非常に嫌われます。
男性からすれば、なぜ男性が奢る事が当たり前なのか?など疑問を持つ方も当然多いですし、論理的にその辺りの事を問う男性も見かけます。
しかし女性の間で昔から常識となっているのですから、ご自身の思想がいくら正しかろうと論理的であろうと、女性には嫌われる事を理解して下さい。
奢ってあげられるようにお仕事を頑張って収入を上げてやるくらいの気持ちが必要という事です。

■下心丸見えの男性
下心が見える男性がなぜ嫌われるのかという事についての妥当な考えとしては、女性からすれば単に性欲のはけ口として見られている気がして、自尊心が傷付けられるようです。
というか、下心が丸見えな男性はお世辞にもカッコ良く見えませんし、下劣に見えてしまいます。
女性に気に入って欲しいなら、少しでもカッコ良く振る舞いましょう。
決してご飯の最中に遠回しにラブホテルへ誘いまくるなどしてはいけません。これ以上無く逆効果です。

以上がこんな男性はイヤだというアンケートの上位常連となっている回答です。
見ていると女性だけでなく男性からも嫌われそうな人物像が想像出来ます。
これらのNG行動は避けて、女性から見てカッコイイ男性はどんな男性なのかを追求し、よりよい恋愛が出来るように努力する事が大切です。

女性(彼女・セフレ)との飲食店デートで気をつけるべきこと・気配り・マナー

女性(彼女・セフレ関わらず)とのデートで男性が気をつける点ですが、まず男性同士で遊びにいく場合とは大きく違うことを意識しないといけないってことです。
例えば食事、デートというと途中で飲食店に入ると思うんですが、お店選びも重要、ということで今回は食事を取り上げようと思います。

男性って基本的にお店の外見や雰囲気よりも味と値段、コスパ重視のお店選びが根っこになるんですが、女性の場合、味は普通程度でOK、しかし居心地の良かったりお洒落な雰囲気であることのほうを重視する傾向が強いんです。

そして次は味の好みです。
体を動かしたり、汗をよくかく人って塩分が不足しがちなので、どうしても味付けの濃い料理や味の辛いものを好む傾向があります。
これは男性に多い特徴ですよね。
逆に女性はあまり体を動かさないので、辛いものをそれほど好みません。
一応辛いもの好きっていう女性もいますが、女性は辛いものは苦手な場合が結構多いんです。
もちろん他の料理に関しても男性とは違った傾向のものを好むので、そういうのを考慮したお店選びが重要となります。

次はお店選びの最終段階、大事なのはスムーズな入店です。
どういうことかというと、歩いてると急に行きたい店が出てきた!しかも空いてる!とかならいいですが、実際はどこにいこうか?なんて会話が出ると思います。
お店が決まったら重要なのが、予約等の店内の状況確認です。
お店まで行ったらウェイティングで30分以上かかってしまいますなんてなると、ダルイですよね?
男性同士なら笑ってすみますし、他いこう!って感じで特に問題はないんですが、女性と一緒だとこうは思ってくれません。
こうなることもわからないなんて、なんて頼りない男性なの?と思われることは確実です。盛り下がることは間違いないわけです。
これを回避するために、店が決まったら即電話し予約できるかどうかの確認は大事ってことです。
ベストは、事前にデートコースを考えておいて、この場所で遊んでるなら、このお店が行きやすいなって感じであらかじめ予約を入れておくことです。もちろん上記に記してるお店の雰囲気や味も考慮したお店選びをした上での話です。
食事時に急に電話で予約お願いできますか?なんてお店に電話しても断られるのが大半だったりしますが、事前の予約なら大体いけますし、無理なら予約できるお店を探せばいいだけです。
こういう準備の良さでも女性は男性を見定めてくるのできをつけないといけません。

次は食事中の気配りです。
まず女性と男性では食べるスピードが圧倒的に違います。
同じ量を注文し、同時に提供された場合、意識せずに食べるとおそらく女性が半分も食べてしまうわないうちに男性なら完食してしまってるでしょう。
女性からしても、相手の男性を待たせてるって思うと気を使って無理に急いで食べることになったりして、食事しずらいと思います。こうならないように男性はできるだけ女性の食べるペースを見ながら食べることが大事です。

そしてオーダー時や追加注文の際のスタッフへの声けかは基本的に男性がすべてするようにすることです。
オーダー前に何を注文するか二人で話をしておいて、スタッフに口頭で伝えるのはすべて男性の役目と割り切りましょう。飲み物が空になった時とかもそうです。
女性はただ座って料理を食べるだけでいいようにしてあげるのが大事で、他の雑用はすべて男性が受け持つ、こんな感じが理想です。
男性同士の場合はこういうのは気にする必要はありませんが、女性と行くときはきをつけましょう。

会計は人それぞれの価値観もありますし、収入の格差もあるので、基本的にはおまかせします。
最低限気をつけるのは自分の食事量と相手の食事量はきちんと考慮した上での会計をしておいてください。
男性と女性なら、量でいえば男性のほうが1,5倍ぐらい食べますよね。注文する料理の値段によっても違ってきますが、そういうのも考慮して会計はするようにしましょう。

食事一つでも男性同士と女性とのデートだとかなり気配りに違いがあるので、気をつけて食事をしてください。