読者からの体験談

27歳にして初めて彼女ができた男性の体験談!恋愛下手で「いいひと」止まりだった男性が傷つくのを恐れず女性に積極的になったきっかけとは?

恋愛下手で傷つくのが怖く、女性に告白できなかった

僕は今まで恋愛下手と言われてきました。特にかっこよい訳ではなく話も上手い訳ではないのに傷つくのが凄く怖くて女性に告白して振られるのが怖かったのです。

世間からは「いいひと」と言われて自分でもそう言われることを好意的受け止めていたのですが、ある日を境にその「いいひと」を返上することになる出来事があったのです。

同期入社の女性に片思い

とある会社に就職した私は同期入社した女性に好意を抱いていました。彼女の見た目は少し地味目なのですが、素朴な雰囲気が癒されるというか控えめな私と気が合うのではないかと妄想を膨らませていたのです。しかし意識してしまうと緊張して話すことができません。でも彼女となら良い家庭が築けると思い何とかして彼女に想いを伝えようと考えたのです。

考え抜いた結果、ラブレターを書くことにしました。便箋二枚に読み返すと赤面するほどの熱い想いを書き綴りました。そして彼女が社内の通路を歩いてきたのを待ち構えて彼女の前に現れて「これ読んでください」とラブレターを渡し立ち去ったのです。

初めての女性への告白!返事を待つ間の地獄

それから返事を貰えるまで記憶がありません。人生で初めての告白をしたことで自分はもう心ここにあらずという心境だったのです。息苦しくて切なくてもう死んでしまいたいくらいで死の宣告を待っている囚人のようでした。そして彼女から返事を貰える時が来ました。

彼女から呼び出された私は心臓の鼓動が激しくなり卒倒しそうです。そして彼女の口から発せられた言葉は「ごめんなさい」でした。彼女は付き合っている人がいて私のつけ入る隙などどうになかったのです。別に嫌われている訳ではなかったのですが、この失恋は深く傷ついてしまい、三日ほど仕事を休みました。

フラれたショックで落ち込むも、それがきっかけで控えめな性格が積極的になり、初めての彼女ができた

この間、落ち込み泣きわめき、自殺しそうなくらい精神が崩壊していました。しかしこれがきっかけで、それまで傷つくことが怖くて控えめだった自分の性格が変わったのです。

自分はモテない、ならば振られて当然なのだから着飾ることなく女にアタックしよう!それから私はタガが外れたように女性に積極的になりました。飲み屋に行って隣に座っていた女性を口説いたり街中で見知らぬ女性に声かけるなどした結果、27歳にして初めて彼女ができたのです。性格も明るくなったことで男女問わず知り合いがいっぱいできました。失恋という深い傷が自分を変えるきっかけとなり却って自分に良い結果となりました。

女性との接し方がわからないなら、無理にリードせず対等な関係性を心がける(年下・年上・後輩・新人社員)

女性との接し方!対等な関係性を意識した

ある時から女性に対する接し方を変えることにしました。

どういう事かというと、もっと対等な関係性を構築するようになったのです。

それまでは女性に対して可愛くて、可憐で、清楚で、優しくて・・と、とにかく良いイメージばかりを持っていて、それはそれは大切に接していたものです。

ほら、よく言うじゃありませんか、「守ってあげたい」とか「男なんだから女性をリードしなければいけない」とか。

後輩や年下女性との接するとき、無理にリードしようとしていた

とりわけ、年下女性と付き合った際には、このような考え方が常に頭にあって、ちょっとばかし無理をしている自分がいました。

だけども、この考え方を貫き通すのは、ほぼほぼ不可能だという事に気づいたんですよね。

というのも、女性って男性が思っている以上に強いんです。

これは、別に力がどうのこうの言っているのではありません。

女性との接し方がわからないなら、女性はしっかりしていると認識しよう

うーん、上手く説明できませんが、要は人間的に出来上がっているというか、とにかく自立心や生活力という点においては、男性以上にしっかりしているんですよね。

そんな、相手に対して「守ってあげたい」とか「リードしなければいけない」と思うのは、もはや無意味であり、ここで冒頭で述べた”女性に対する接し方云々”に繋がるわけです。

今では変な話、男友達と接するような感じで付き合っていて、これが結構いい感じなんです。

肩に力が入らなくなり、より自然な自分を出せるようになっているんですよね。

女性を守ってあげたいと考えるのは時代遅れ?

些細な事でケンカになった時も、以前のような腹立たしい気持ちではなく、相手の意見を尊重できるようになりましたし、素直に謝れるようになりましたよ。

最近では女性の社会進出が飛躍的に進んでいます。

前述の「守ってあげたい」みたいな考え方はちょっと時代にそぐわない気がします。

特に、昭和?の時代の「女性は男性の3歩後ろを歩く・・」とかなんとか言う考え方なんて本当にありえません。

というわけで、男なんだからとか、女なんだからというちっぽけな考え方ではなく、一人の人間として接することが重要なんじゃないでしょうか。

ブサイク男でも声が良ければ女にモテる!声の出し方と話し方トレーニング方法とは?

女性にアピールする方法について考えた末に、男性よりも見た目重視でないはずだから、何か自分の強みを見つけて極めればアピールになるはずです。

男女が出会った時に女性は男性の会話内容はどうでも良いようです。

全く関係ないというわけではないですが、会話内容よりも仕草や声などの部分で惹かれるらしいです。

そんなにコミュニケーション力がなく面白い話ができない私は、自分の強みとして声を選択します。

声だけは渋いと常に言われてきたからです。

しかし、自分では見た目がブサイクだし勉強が出来るわけでもなく、スポーツがめちゃくちゃ得意というわけでもないので、声で女性に気に入られるとはイメージが出来なかったのです。

ダメ元です。

実際に会うと緊張するので、電話だけでアタックすることにしたのです。

声の出し方と話し方をトレーニングします。

女性が聞いて心地良い声と話し方です。

一度会った女性で連絡先を交換すれば次に会う約束をするのが普通ですが、私は声を前面に出すために会うことはせず電話攻撃です。

事前にトレーニングをしてますから、その通りに電話での会話を進めます。

1人では効果が分からないので複数の女性と電話での会話をして楽しみます。

結果としては、成功です。

なんと、私と一度しか会ってない女性から告白されたのです。

たいした会話はしてないです。

これも声の魔術かもしれないです。

よく企業のオペレーターの女性と会話してるととても声が綺麗で聞き取り易いので好印象を持ちます。

男性も女性の声に影響されるのですから、女性は男性以上に声の影響を受けると考えられます。

この声での作戦ですが、女性友達との会話でも試していて明確になってます。

「声を聞いてると凄くカッコイイ」と言われるようになったのです。

見えないとはいえ、私と女性友達は何度も会ってるわけですから、私への印象が変わるのもおかしいです。

それでも私への印象が変わったのです。

女性との距離を縮めたい時には、見た目だけでなく、何か個々で武器になるものがあるはずです。

私の場合は声でしたが、それ以外にもきっとあります。

仕事のことで悩みを相談した時された時、恋愛に発展

出会いと言うと、職場での出会いと言うことを誰でも体験していると感じます。
それは、毎日仕事をする中で、ふとした時に、そのことを意識することがあるからです。
そのため、そのような出会いについて、どんな感じであるのか、まとめてみました。

・仕事をしていて隣にいる人との出会い
仕事をしていて、隣にいる人が、素敵な人だったら、やっぱり恋愛に発展することが多いのです。
それは、タイプの人だったり、その人のことをふとした時に、いいなと思った時、その時点から恋愛に発展することがあります。

・休憩を一緒にする仲間が異性だった時
休憩を一緒にする仲間の一人が異性だった時、その時も恋愛に発展することがあります。
それは、休憩中と言うのは、ある程度心も休憩をしているからです。
心もリラックス状態となっているので、その男性や女性のことを、異性として認識することがあるのです。

・仕事のことで悩みを相談した時
仕事のことで悩んでいて、その時に相談する相手がいるとしたら、まず恋愛に発展することが多くなります。
それは、その相手の人を信頼していると言うところがあるからです。
男女の中で信頼と言うことは、恋愛に発展することもあるのです。
この人は、こんなにいい人なんだと、相談をした後に、ふと思うのです。
その時に、好きかもと思うことがあります。
そしてその悩んでいたことが解決した時、告白をしたいと思うこともあるのです。

・悩みを相談された時
悩みを相談する人と同じように、悩みを相談される人も、恋に発展することがあります。
もしもその相談をしてきた人が、女性がった時、その女性のことを守ってあげたい、なんとかしてあげたいという、気持ちが起こるのです。
その後に恋愛の気持ちに発展することがあります。

・叱られた時
叱られた時も、おかしなことですが、恋愛に発展することがあります。
その叱られると言うのは、上司だったり、同僚だったリします。
叱ると言うのは、叱られるほうは、異性に対して、そんな複雑な気持ちを抱くことがあるのです。

落ちついて話せる雰囲気のある男性はモテる

28歳男性からの投稿。

私は男性ですが女性と話す機会が多くその中から付き合うことも出来ました。まず恋愛を成功させるうえで一番大事なことは相手の警戒心を解くということです。女性というのは真っ向から告白や行為をむき出しにしたまま近づいては大抵の場合避けられてしまいます。だから、そのような強引な千歩はまず頭の中から消し去ってください。そもそも離せなければ発展もくそもないと思います。ですので、まずは女性の警戒心を解く所からです。警戒心を解く得といって勘違いしてはいけないのが女性を守れる存在になるかのように、一生懸命に安心感を与えるのとは全く別の事です。私がこれまで話してきた女性はたいていの場合見た目ばかりを見ていません。その人が落ち着いて話せる中身の人かという中身を見ています。簡単にいうと、もてない人は外見で攻めにもかかるが中身で失敗することがある。モテる人は相手に安ど感を与えて、一緒にもっと話したいと思わせるのが得意だということです。その安心させるコツはとにかく相手の話を聞いてあげるだけです。たとえ、それがしょうもないことであろうと途中で口を挟まず、聞いてあげることが重要になります。それさえすれば、自らアピールして中身も最悪と女性に警戒心を上げられるよりもよほど近づきやすいです。だから、警戒心を解いて仲良くなるために、そういったことをまず最初に意識していきましょう。そのときの注意点なのですが、女性というのは共感を多く求めるものです。会話の中でもそういった場面もきっと多いはずです。信頼関係というものを築き上げる為にはそのような共感することが大事なのです。たとえ興味が無いことでも自分も興味をこれから持って相手との話題につなげていけばいいのです。そうして、相手にとって趣味が合う大切な人という関係で凄く近い存在になります。恋愛に発展するにはそこから更に大事なのは引き際も大事ということです。話せるからといって調子乗って毎日近づいたりとかではなく程ほどでいいのです。そうして距離を縮めましょう。

女性の警戒感が溶けリラックスできるような場所で口説く方法

皆さんは女性を口説くときは、どのような方法をとりますか。

自分独自の方法など、こだわりを持った方もたくさんいると思いますが、重要なことはやはり女性が気持ちよく感じる言葉を使うことです。

例えば、可愛いや綺麗、そしてスタイルが良いといったことです。これは、女性だけに限らず、男性も同じように聞いていて気持ちが良くなる表現のはずです。こういった表現を使うことで、女性があなたに興味が全くない状態でも、少しの興味を示してくれるはずです。

また、こういった表現を使うときには笑顔で接するようにすることも重要です。その女性に興味があるということを前面に押し出すことが重要なので、やはり女性を口説くときには笑顔で接するようにしましょう。

もし、笑顔でない人に可愛いといったことや綺麗といった表現を使われても説得力に欠けてしまうはずです。笑顔はとても重要で、こういった表現が自然に感じるようになっていきます。

そして、女性を口説く場合に注意しなければならないことがシチュエーションです。女性を口説くならどういった場所でも良いというわけではありません。そのシチュエーションによってはどんなに良い言葉の表現を選んでも、どんなにカッコいい人でも失敗をすることがります。

大切なことは、女性がリラックスできる場所です。女性は気持ちがリラックスしている状態であれば、口説いたときに返事をしやすいと言えます。当然、その返事は良い返事とは限りません。

しかし、返事をしやすいシチュエーションを作ることで、女性の心は開きやすく、素直な回答をしてくれることに繋がるのです。

女性は常に男性に対して緊張感を持っています。これは初めて会う男性に対しても、また頻繁に会っている男性に対しても多かれ少なかれ緊張感は常にあるのです。

セフレにしてもマジメな付き合いにしても、その緊張感を解き放ち、お互いがリラックスした状態で会話を行い、その会話の中で上手に口説くことで成功しやすくなると言えるでしょう。
奥手になることなく、積極的に行動することも重要です。

クラブでセフレ探し!セフレと音楽の趣味を合わせる方法

音楽が好きな女性を口説くには、色々な曲を聴いておくといいでしょう。今の流行の曲を学び、音楽が好きな女性に対してそのウンチクを話してあげるのです。それだけでもかなり盛り上がり、女性のハートを掴みます。

その女性の好きなアーティストを知っておくのも良い方法です。その女性が好きなアーティストの曲を知り、そのアーティストのウンチクも披露すれば、よりその女性の好感度を上げることができます。好感度を上げれば、よりその女性を口説きやすくなります。

「この人って私と同じように曲が好きで、しかも色々と話を知っているから好き」ということになります。「良かったら今度その曲を聴きながらドライブしない?」とか、「最新のアルバムを買ってあげるよ」と言ってみましょう。すると、女性もますます「付き合ってみたいな」と思うようになるのです。

そのアーティストの曲をかけた車で女性の家にまで迎えに行き、ドライブに行くのです。そして、その車の中で色々と音楽好きな話について盛り上がったら、ポップな音楽が聴けるカフェや喫茶店に連れて行ってあげましょう。

ダンスクラブに連れて行ってあげるのも良い方法です。ダンスクラブなら、踊っては楽しく女性と時を過ごすことができます。音楽が好きな女性なら、そういった場所が好きな傾向があります。クラブでセフレを探すのは効率的なセフレの作り方と言えます。

そういったところで盛り上がり、その帰りに「楽しかったね。できたら俺と付き合わない?」と言ってみるのです。かなり盛り上がって興奮している女性は、そんな男性と付き合っても良いなと思っいることもあり、そんなタイミングを見計らって言えば、より相手を口説きやすくなります。

その女性の好きなアーティストのグッズなどをプレゼントするのも良い方法です。それをプレゼントしてから口説けば、より女性の良い返事を聞けるものです。

その女性を口説くなら、おしゃれで個性的なファッションを着るのも良い方法です。より個性的なファッションを着る男性を好むこともあり、そんなおしゃれな男性に口説かれたらば、よりその女性はOKの返事をするでしょう。

女性を口説くのに必要な、自分への自信を持つには

好きな女性といざデートが決まると、心の底からまたは本能から喜びを感じますよね。しかし、そのデートでうまく会話が出来ず、うまく口説けないことはあります。そして、それを分析してみると、いい顔をしようという気持ちが多いからです。これは、相手に嫌われたくないからゆえ気持ちです。

例えば、女性に対して自分の過去の経験や、所有物の自慢をしてしまったりすることです。他には、自分の弱点を無理して隠そうということも同じです。これらのように、いい顔をしてみると表面上はうまく行くように感じますが、実は心と心の会話は出来ていないのです。

これは、男女関係に寄らず男性同士の友情関係でも同じですよね?男性同士でも、いまいち仲の良くない知り合いに対しては、自分の弱点なども晒せないと思います。逆に仲が良い友人とは、自分のマイナスポイントを笑いにして盛り上がったり、自慢話になることも少ないです。

この例を思い出してみれば、女性をうまく口説けない理由がわかりますよね。そして、デートになったときも女性との距離を一気に縮めるためには、逆に自分のコンプレックスなどを晒すのが良いと思います。ほかにも、ダメな自分を隠さずあえて笑いに変えていけば、女性からの印象はかなり良くなりますよ。

そして、それらのように女性と接すると、女性から嫌われそうな気もします。しかし、それはありません。自分の弱点などを晒し、無理に良い顔をしない人は、安心感が強いからです。実は、女性から見ると自信満々で自慢話ばかりをする男性って、印象が良くないんですよね。最近では、意識が高い系と馬鹿にされる傾向が強いですから。

そのため、女性をデートで口説くときは、自分を隠さず自分に自信を持つのが一番です。事実、女性にもてるお笑い芸人を見てみると、自分のコンプレックスも笑いにしているし、無理をしてクールさを気取っていませんよね。それを参考にしていけば、もてる自分を演出できるのではないでしょうか。

婚活パーティは結婚前提の女性が多いのでセフレにはしづらい

婚活パーティは、出会いの場所として最高のところとなっています。
それは、婚活をしたいという男女が集まる場所であるからです。
婚活をしたいという人は、その場所を積極的に利用することをおすすめします。

・結婚を前提として参加をしている人もいる
その婚活パーティでは、結婚を真剣に考えて参加をしている人もいます。
むしろそのような人が多いといっても、過言ではないのです。
そのため、その気持ちにあることで、女性も男性もそのことを前提に参加をしていると思うことができるのです。
そうなると、相手の人に、その結婚を意識した内容についても聞くことも、恥ずかしいことではなくなります。
特に結婚をしたいと思っている人にとっては、相手の人もそのように思っている人だったら、とんとん拍子に話が弾むことが想像できます。

あくまで結婚前提なので、婚活パーティからセフレにもっていくことは難易度高めです。

・気軽に参加をすることができる
婚活パーティとなっているので、そのパーティに気軽に参加をすることができます。
婚活の場合は、どのようにしたらいいのかわからないという人もいるのです。
そんな時、その出会いの場所として利用することをおすすめします。
そこには、そのように思っている人が多く参加をしているので、話が弾むことは間違いありません。

・企画が楽しい
婚活パーティの場合は、そのパーティの中で、企画を立ててくれている場合もあります。
出会いをしやすくしたり、相手の人のことをよく理解しやすい企画であったりするのです。
そのため、単なるパーティよりも、楽しく婚活をすることが出来ます。

婚活パーティはいろいろなところで、企画がされています。
町や村等の単位でされていることもあり、そのようなところに参加をすると、その街などのよさを感じることができます。
最初の参加の時は、勇気のいることもあるかも知れないのですが、一度参加をすると、なんともないと思えて、また参加をしたいという気持ちになる人が多いのです。
そのことを思うと、積極的に参加をすることをおすすめします。

恋愛倦怠期を乗り切る方法

[読者投稿]

長く付き合えば一度は訪れる倦怠期。

3か月、半年、1年、3年と3の倍数には気を付けろと言われています。

でも、この倦怠期も前向きに捉えると本当にお互いの存在が必要かどうかを見極めて、さらに絆を強くするいい機会です。
倦怠期はどのように乗り越えればよいのでしょうか。

1つめは、相手の趣味に興味を持ち、一緒に取り組んでみることです。
同じ趣味があると話題が共有できるので、会話も盛り上がりますし、楽しい時間を過ごすことができます。
「自分の趣味に興味を持ってくれた。」と相手の方はとても喜ぶのではないでしょうか。
2人で目標を設定して、頑張ることができるものがおすすめです。
その過程で、協力しあったり、励ましあったりして、愛を育むことができるでしょう。

2つめは、いつもと違うアクティブなデートをしてみることです。
山登りやキャンプ、旅行などがよいでしょう。
これらは、二人で計画の段階から協力し合わなければなりません。
物事を進める時のお互いの関係(どっちが主導権を握っているか)や経済観念も分かると思いますので、おすすめです。
山登りやキャンプでは、普段は見ることができないお互いの一面を見ることができるでしょう。

3つめは、自分を磨く努力を怠らないということです。
「ありのままの自分を受け止めてくれる。」と言って、油断してはいけません。
ありのままのファッションにこだわらない、怠け者のあなたでは、相手は飽きてしまいます。
人間は、新しい物、今までに見たことのない物に目が行きますので、身近に素敵な異性が現れたら、負けてしまいますよ。
仕事や趣味に没頭して、一人の時間を充実させることで、自分を磨くことができます。

4つめは、今までの二人の時間を思い出して、相手に感謝をすることです。
楽しかったことはもちろんですが、喧嘩をしたこと、相手を嫌いになりそうになったことなども思い出してみましょう。
この人だったからこんなに楽しかったんだと思ったり、苦難もその都度二人で乗り越えてきたことを思い出せば、相手を大切に思うことができるのではないでしょうか。